top of page

studio220について

更新日:2019年6月21日

・studio220について 文字は220ですが読み方はニーニーマルです。 〜名前の由来〜 スタジオと聞くと写真スタジオ(照明がある空間)が連想されますがスタジオの本来の意味は芸術家の仕事場(アトリエや工房)です。 勿論写真スタジオを利用した撮影も行いますが工房としての意味合いを込めています。 220については2/20自分の中でターニングポイントとなる出来事が何度か起こった事から取り入れました。 写真を撮影する時は記念日となります。 誕生日や人生の節目を迎える日は勿論、何でもない日でも写真を撮る事でそれは記念写真となります。 自分にとっては2/20、記念写真を作る工房としてstudio220と命名しました。


〜ロゴについて〜

デジタルカメラカメラが普及したのが年、携帯電話にデジタルカメラが搭載されて十数年。誰もがカメラを持っている世の中となりました。studio220のロゴにはフィルムカメラ、フィルムと言っても写ルンですに使われる35mmではなく4×5(シノゴ)と呼ばれるシート型のフィルムを使用する蛇腹式の大型カメラを使用しています。 古い映画やドラマ内の写真館で黒い布を被って使用する昔ながらのカメラです。 studio220ではこの大型カメラでも撮影するサービスを提供しております。このサービスについてはまた後日紹介したいと思います。 websiteは極力シンプルにしました。 伝えたい事、説明したい事は山程ありますが書き出すと情報量が多くなり過ぎると思ったからです。 その情報はこちらにて随時紹介出来ればと思いブログページを作成致しました。 ブログ記事には「サービスについて」以外に「写真撮影のテクニック、コツについて」も投稿しようと思います。 自己紹介でもお伝えしましたが私写真撮影以外に写真教室、写真クラブ講師、セミナーを開催しております。 受講者の方々にもたくさん見ていただきたいので是非参考にして貰えたらと思います!


勿論写真撮影のサービスも行ってますのでご興味のある方は是非お問い合わせください。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

プロにお願いをするという事

最近このような記事をよく目にします。 知り合いだから安く(無料で)してよ。 絵が上手だねー イラスト描いてくれない?5~10分程度で気楽にちゃちゃっとやってくれないか ? 整骨院の先生?ちょっと肩揉んで見てくれない? プロにお願いするという事は多少なりともお金を払ってサービスを受け取るという事です。 お花屋さんや酒屋さんなどはお金を払って対価として商品(サービス)購入します。 お金とお花、お酒と目

自己紹介、当サイトにて

websiteを閲覧いただきありがとうございます。 初投稿は簡単に自己紹介、当サイトの内容について記載したいと思います。 ・自己紹介 田中圭祐 2011年大阪芸術大学写真学科卒業後、同学科研究室にて勤務。 3年間の任期終了後に独立、2015年2月、studio220を設立。 婚礼、(イベント撮影)、広告撮影、建築写真撮影等をする傍らオリンパスフォトチューターとして初心者向けの講座を担当する他、写真

Comments


bottom of page